2016年8月5日金曜日

アルバイトヂンスト2016

本日の山中湖:最低17℃、最高29℃、晴れ
毎年恒例となった学生さんとの共同作業アルバイトヂンストが行われました。
復活してからはや7年目。
今年は、寮入り口の門柱の製作・設置に取り組みました。不法侵入・駐車が心配されるときにチェーンを張るために設置しておきたいという要望があったためです。
まずは、門柱を設置するための穴掘りです。山中湖は冷え込むので、凍上を防ぐためにも特に深く掘る必要があります。
幸い今回の学生は、ボディビルディング&ウェイトリフティング部の屈強な男子が大部分。
想像していたよりも順調に穴が掘られていきました。
門柱には、直径20センチほどのカラマツの丸太を使いますが、この皮を外してから、バーナーで表面を焦がします。
これは、防腐対策と一種のデザインのようなものです。
門柱設置箇所へと砂利をせっせと運んでもらいます。
穴の底に厚めに砂利を敷き、丸太を立てて、穴との隙間に砂利を入れて棒でつついて固く砂利を圧縮していきます。こうすることによって、丸太ががっちりと固定されました。
今回は、この門柱に看板をかけよう、ということで、看板が雨で痛まないように屋根をかけることにしました。
その屋根材はカラマツの薄板で、雨が漏れないように「相じゃくり」という加工をして組むことにしました。そのための溝を掘る作業をトリマーを使ってやってもらいました。
相じゃくり加工ができたら、屋根材もバーナーで焦がして防腐加工をします。
傘釘で屋根材を門柱に打ち付けてほぼ完成です。
さらに、チェーンを掛けるフック、看板を掛けるフックを付けて、こんな感じになりました。
じゃーん。これでひとまず完成です。
看板の方は、学生さんの宿題で、書いてもらっています。さて、どんな看板ができてくるでしょうか。楽しみです。

2016年8月4日木曜日

第2回「癒しの森の植生調査隊」のお知らせ

昨年に引き続き、来たる914日(水)に実証林の植生の移り変わりを地域の皆さんとともに見守っていく試みとして、第2回「癒しの森の植生調査隊」を実施します。

(昨年の様子は、コチラをご参照ください。)
【開催概要】(2015.8.17更新)
日時91610-14時半(午前のみの参加も可)
・参加申込:9月5日までにメールかファックスにてお知らせください(詳細は上記のチラシをご参照ください)
・集合および解散場所:富士癒しの森研究所事務所


(駐車場が狭いので、なるべく乗り合わせをお願いします)
持ち物等:昼食(午前のみ参加の方は不要)、森林内を歩ける服装・靴
プログラム

10:00 富士癒しの森研究所事務所集合
10:15-12:00 植生調査(林班)12:00-13:00 昼食:各自ご持参ください
13:00-14:30 富士癒しの森研究所(林班)散策
14:30 解散


(以下、参考情報)
○実証林とは?
山中湖村(およびその周辺)にある森林の多くは、カラマツの人工林ですが、しばらく手入れがされておらず、保養の場として適さなくなっていることが懸念されます。そこで、富士癒しの森研究所では、村内に多くあるような、次第に広葉樹が混じってきたカラマツ人工林において、手入れの仕方を変えて、それぞれの森の「癒し」機能を検証するための実験区として「実証林」を設定しました。
 ※過去の実証林に関する記事はこちら
○なぜ植生調査?
森の癒し効果を大きく左右する要素として景観が考えられます。そしてこの森林景観は、どんな植物がどのように生育しているのか、ということによって変わってくることになります。たとえば、間伐して明るくなった森林では、サクラやモミジが多く生えてきたとしたら、手入れによって森林景観が変わり、「癒し」機能が変わってくる、ということになる可能性があります。こうした変化をつかむ方法として「植生調査」は有効となるでしょう。富士癒しの森研究所では、地域の皆さんと植生調査を通して、森林の手入れの違いによる植生景観の変化を継続的に見守っていきたいと思います。

2016年7月24日日曜日

全学体験ゼミ「癒しの森を創る(夏)」2016

昨日の山中湖:最低15℃、最高24℃、曇り時々晴れ
本日の山中湖:最低14℃、最高25℃、晴れ時々曇り
この週末は4年目となった東大教養学部の全学体験ゼミナール「癒しの森を創る(夏)」の現地講義が行われました。
今回は今まで最多の15人が受講しました。
梅雨がまだ開けていないこともあり、天気が心配されましたが、運良く雨天は避けられ、かえって涼しく快適な2日間となりました。
今回は人数が多いので、まずは3つのチームに分かれて、どんな空間作りをするのか考え、プレゼンをしてアイデアを競ってもらいました。

実現可能性から、2つのチームから出されたアイデアを基本的な計画として採用することになりました。
1つは、丸太を使って新たな歩道整備とアスレチックを兼ねた「癒しの森エリア」の境界柵で、もう一つは、全員が寝転がれるような座敷を整備するというものです。
まずは、歩道整備。

初年度に整備されたエリアから、昨年度に拡張された「やまなカフェ」エリアまでのショートカットルートが新たに設定され、地ならしされました。
そこへ倒されていた太い枯死木を輪切りにして、敷石のように配置しました。

いっぽう、座敷の方は、歩道整備と同様に予定エリアを地ならしした後に、予定寸法の目安として、ロープを張りました。
巻尺だけで現場で直角を割り出すことにも挑戦しました。

角材を根太(基礎)に使うことにしましたが、水平な面ができるように、水準器を使って、角材の設置高さを調整しました。
微妙な調整が続き、学生にとってはちょっとストレスだったようです。

今度は、床材の調整です。
カラマツ間伐材の板が大量にあったので、それを一定の長さに切りそろえて、布ヤスリやベルトサンダーを使って表面を仕上げました。

人数が多いのでなんとか大量の板の調整も終わり、いよいよ床貼りです。
隙間がないように板を敷き並べていきました。

間も無くして床が敷き上がって、全員集合してパチリ。
受講生みんなが乗れるほどの広さの座敷が林内に出来上がりました。

さて、丸太を利用したエリア整備の方は、アスレチック機能を備えた境界柵のほうが残っています。
これは単純に丸太を地面に埋めて立てるだけですが、少しでも長持ちするように、地面に埋まる部分を炙ることによって防腐処理をします。

穴掘り器を使って、1m近い垂直の穴を掘ります。
これがなかなかの重労働でした。

その穴へ防腐処理した丸太を差し込んで、周囲に砂利を詰めて、固く搗き固めます。
これだけやると、ほとんどぐらつかない杭の設置ができます。

杭の高さは、あえてランダムに。
これがなかなかスリルのあるアスレチック施設になりました。

今回は今までにない大人数で、不安もありましたが、適宜作業分担しながらそれぞれが作業に打ち込み、どの計画もそれぞれ完成まで持ち込めました。


2016年7月21日木曜日

レユニオンからのインターン生

本日の山中湖:最低18℃、最高22℃、曇り時々小雨
マダガスカルの東に浮かぶ島で、フランスの一部のレユニオンというところから、東大演習林にインターン生が来ており、昨日から、富士癒しの森研究所で様々な作業を体験してもらっています。
今日は、午前中に湖畔の草刈りを体験してもらいました。
乗用芝刈り機に乗って、湖畔広場の芝刈りです。
レユニオンでも、同じように芝刈りをするそうです。
午後には、長期生態系観測試験地の毎木位置図を作るための測量を体験してもらいました。

驚くほど飲み込みが早く、今回の測量の原理を理解して、難なく機材の操作をしていました。
測られる側のプリズムターゲット設置も体験。2時間ほどで60本ほどの測量をこなすことができました。
この週末には学生実習がありますが、それまで、インターン生には富士癒しの森研究所での各種作業を体験してもらう予定です。

2016年7月17日日曜日

地蜂追う1日

本日の山中湖:最低18℃、最高28℃、晴れのち曇り
夏らしい暑さにしばしば見舞われるようになってきました。
こうなってくると心配なのが、蜂刺されの事故。特に地蜂(クロスズメバチ類)は刈り払い等の作業時に、それとは知らず地中の巣を踏み、怒った蜂に攻撃されることがしばしばあります。
岐阜や愛知の山間部では、地蜂をヘボと呼んで、地蜂獲りと地蜂料理に親しみ、また、若い時期の巣を掘り取って自宅で育てるのを楽しむ地域があります。そんな地方の方々に来ていただき、林内の地蜂の営巣箇所を探索し、蜂刺され事故の起きそうな巣を今のうちに除去する試みが行われました。
来ていただいたのは、全国地蜂連合会の皆さんと、恵那の農業高校のHEBO倶楽部の生徒さん+顧問の先生。高校のHEBO倶楽部は今年できたところだそうですが、防護服(ユニフォーム?)も揃っていて様になっています。
今回は、地蜂連合会のベテランさんに高校生が知識と技術を学ぶ機会となっていました。
地域文化の継承に一役買えたと思うと、喜ばしいです。
まずは、餌に地蜂の働き蜂をおびき出すことから始めます。
餌に寄ってきた働き蜂に小さな小さな肉団子に目印のこよりを結びつけたものを持たせて、放ちます。とても繊細な作業で、見ていても息が詰まりそうです。
放たれた働き蜂は自分の巣めがけて飛んでいきます。
そうしたら、目印を目当てにとにかく走って追いかけます。途中で見失いますが、そうしたら、また餌場に戻って、同じように目印をもたせた働き蜂を放し、見失ったところからまた追跡を始めます。働き蜂は、決まったルートを記憶していて、忠実に同じルートを通るのだそうです。こうして何度か繰り返すと、巣穴の位置を特定することができます。
今回は、午前中で3箇所の巣穴が特定されました。
中には、作業小屋の地面のというのもありました。こうした場所にあると、作業中に巣を刺激してしまい、蜂刺され事故が起こる可能性が高いので、掘り出して巣箱に入れて管理することにしました。
巣を掘り出す前に、巣穴から1mほど離れた地面を叩きます。こうすることによって、働き蜂は巣を防衛しようとして、巣の中にこもるのだそうです。外に出ていた働き蜂が戻るたびに、地面を叩き、なるべく全ての働き蜂が巣にこもってから掘り出しにかかります。働き蜂の多い巣では、1時間も待ち構えて地面を叩き続けるのだそうです。
掘り出した巣は木製の巣箱に入れて、我々の管理下で生育を続けてもらいます。
巣箱に入った蜂は1時間もしないうちに通い始めていました。

2016年6月19日日曜日

菌類観察会が行われました

18日の山中湖:最低12℃、最高27℃、晴れ
19日の山中湖:最低14℃、最高23℃、曇り
この週末は、富士癒しの森研究所を会場に、日本菌学会関東支部・菌類懇話会合同の菌類懇話会が行われました。
46名もの参加者の方が各地から集まりました。
初日はミニシンポジウムとスライド上映会でしたが、熱心な参加者の皆さんでぎっしり席が埋まり、会場は熱気ムンムンです。
以下のような話題が講演・発表されました。
「山梨のきのこと自然環境」柴田 尚(山梨県森林総合研究所)
「菌類民俗学の可能性~地域を知る・興すアプローチとして~」齋藤 暖生(東京大学)
「島の地下生菌の謎に迫る」折原 貴道(神奈川県立生命の星・地球博物館)
2日目はお待ちかねの菌類のフィールド観察です。
専門の先生による解説に聞き入る参加者の皆さん。
この後は自由行動で、林内の各地に思い思いに散らばっていきました。
キノコの季節というとどうしても秋を連想しますが、この梅雨の時期にも結構出ているものです。
上の写真は、この研究所ではおなじみのハナイグチ。よく探せばこの時期にも出ています。
興味深かったのは、参加者皆さんのキノコ写真を撮るための工夫です。自作のレフ板を使ったり、レンズ構成をカスタマイズしています。
強すぎる光を遮断するためのこんな工夫もされたりしています。
一つのキノコを撮るのに1時間以上かけることもあるんだとか。
午後は鑑定会と専門家による解説です。
それにして多種多様なキノコが集まりました。キノコはまだまだ知られていないものが多く、今回も幾つかまだ名前の付いていないキノコが見つかっていました。
葉っぱに時々見かける病変も菌類の仕業だということで、その状態や奇妙な生活史について専門の先生に解説してもらいました。
面白いところでは、こんなものも。
これは、冬虫夏草の一種でカメムシタケというものだそうです。よく見ると、カメムシから生えていますね。
梅雨の最中にも関わらず天候に恵まれ、多くのキノコに出会え、参加者の皆さんは充実した2日間を過ごせたようでした。

2016年6月7日火曜日

割りばし巣箱にキビタキが入っていました


















昨年の10月に、甲斐市立竜王小学校が自然学習にいらした際にいただいた、
校長先生作のリサイクル割りばしで作った巣箱が事務所裏に設置してあります。

しばらく前から、小鳥がのぞいたりしてはいたのですが、
6/6やっと写真が撮れました。
キビタキでした。
巣箱に巣作りするのは珍しいそうです。
雛が2羽並んでいました。

この時は随分小鳥がいて周りがにぎやかでしたが、
午後には静かになっておりました。
どうやら巣立ったようです。