2019年5月24日金曜日

講義室周辺の整備の検討

本日の山中湖:最低6℃、最高25℃、快晴
朝は冷え込んだものの、昼はぐんと気温が上がって、この時期らしい陽気となりました。
今日は、「富士癒しの森講義室」を拠点に、森に親しもうと活動している「癒しの森の会」の皆さんと、講義室周りをもっと魅力的にするための取り組みを検討しました。
これまでの話し合いで、講義室周辺で目につく樹木に樹名板を設置すること、講義室の外側にウッドデッキを設置することを目標に掲げました。

今日は、樹名板に関しては、iPadを使った解説候補木のリストづくりについて提案し、早速外に出かけて試しの作業をやってみました。

天気も良く、気持ちの良い散策、植物の観察の機会ともなりました。

ウッドデッキの方は、講義室の中で、設計図をスクリーンに大写しにして、土台の設置方法や、必要な部材、そのために必要な作業について、みなさんと一緒に話し合いました。
なんとか、演習林で出た木だけで作れそうな見通しとなりました。
今後、ウッドデッキ作りのお楽しみイベントを企画し、多くの方と楽しみながらウッドデッキを作っていく予定です。


講義室の外では少し珍しいカエデ、ミツデカエデの鼻がちょうど見頃になっていました、

2019年5月22日水曜日

シーズン最後のサクラ

本日の山中湖:最低13℃、最高20℃、くもり
林内はすっかり緑が鮮やかとなり、初夏の装いになってきました。
そんな中、今頃になって咲き始めるサクラがあります。

あれ?これもサクラと思われるかもしれませんが、これもれっきとしたサクラです。
これはミヤマザクラといいます。

これはさらにサクラからイメージが遠ざかったでしょうか。
これはウワミズザクラといいます。
いずれも、バラ科サクラ属で、この点、他のサクラと同じです。
房状あるいは穂状に咲いているので、サクラとは縁遠いイメージがついてしまいますが、これから、「最後のサクラ」が新緑の林内を彩っていきます。

湖畔では、ズミ(こちらはバラ科リンゴ属)がほころび始めました。
来週には見頃になることでしょう。

2019年5月12日日曜日

全学体験ゼミ「危険生物の知識(春編)」2019

11日の山中湖:最低4℃、最高22℃、快晴
12日の山中湖:最低5℃、最高23℃、晴れのち曇り

この週末、1、2年生向けの全学体験ゼミ「危険生物の知識(春編)」の現地講義が行われました。
10年以上も続く長寿科目です。
今回は8名と参加学生はやや少なかったですが、やる気は十分。
芽吹いたばかりの新緑の森へ早速出かけました。

林内にはトリカブトがたくさん生えています。
つい1週間ほど前には、山菜と間違えてトリカブトを食べ中毒が起きた事件が報道されたこともあり、iPadに保存された、間違えられた実績のある植物の写真とよく見比べて観察しました。

散策の後は、林内で採取できる植物を用いた実験です。
かつて行われていた魚毒漁を再現する実験や、殺虫実験に取り組みました。
これは、先人たちの植物を活用する知恵に学ぶプログラムでもあります。

夜には、特別講師の先生による蜂の危険性に関する講義を聞いたあと、スズメバチの毒針の解剖観察をしました。

うまく解剖できると、毒針の表面に返しの働きをするギザギザ(鋸歯)を顕微鏡を通じて観察することができました。

2日目も爽やかな春の森の中で散策をしながら、動物の活動痕跡などを観察しました。
この日の昼食は、散策中に学んだ危険な植物や実験に使った魚を用いて簡単に調理実習をして食べました。

サンショウ味噌を塗った魚が美味しそうに焼けました。
当研究所では、また秋に同様のプログラムが行われます。

2019年4月25日木曜日

センサーカメラおすすめ画像

桜も咲いてやっと春らしいようすになってまいりました。

今回はイノシシです。珍しく昼間なのでカラーです。

1頭で疾走するイノシシです。
ちょっと小さめな気がするので、
この前親に連れられていたのが独立したのでしょうか。

なんだかだんだん観察日記みたいになってきました。

2019年4月20日土曜日

特別ガイド「春の彩りをたずねて」2019

本日の山中湖:最低6℃、最高17℃、晴れ
今日は、天気に恵まれる中、東大教職員向けの特別ガイド「春の彩りをたずねて」が開催されました。18名の教職員とそのご家族が参加されました。
春の訪れが早いと思われた今年は、蓋を開けてみれば、いつになく遅い開花状況で、サクラは数本に1本が1〜2割咲程度でした。
そうした中でも、着実に春は来ており、この一瞬しかない彩りを見つけることができました。

カエデの仲間は冬目が赤いものが多く、それが芽吹く瞬間、枝先がぽっと華やいだようになります。このように、葉っぱが萌え出づる瞬間の彩りは「春もみじ」と呼ばれたりします。

足元も、虫の目になってよく探せば、可憐に咲く花を見つけることができます。
そのことがわかると、皆さん、地面に釘付け。なかなか動こうとしません。

子供達も地面に夢中でした。
花がなくても、松ぼっくり、きのこ、いろんなものに興味を示していました。

お昼休みの後は、恒例のお絵かき会。
とれたての画材がびっしりと目の前に並びます。

絵を描くということは、じっくり細部まで植物を観察することになります。
こうしてみる植物の姿も興味深いようで、皆さん真剣に取り組んでいました。

今年もたくさんの素敵な作品が生まれました。こちらのギャラリーで作品を見ることができます。

2019年4月10日水曜日

春の雪

本日の山中湖:最低0℃、最高1℃、雪/みぞれ
暖冬で春の訪れがとても早かった今年ですが、一転して大雪に見舞われました。

10センチほど積もりましたが、みぞれのような雪で、雪の量は増えませんが、実にずっしりと重たい積雪になっています。
樹木の枝先にまでビチョビチョの雪がまとわりつき、重そうに木々の枝が垂れ下がっています。

間も無く咲きそうなマメザクラもみぞれ雪で覆われました。
このところ、春は一旦足踏みをしているようです。

2019年4月9日火曜日

10年に一度の調査

本日の山中湖:最低-2℃、最高12℃、快晴
昨日より、10年に一度の大々的な林内の調査に取り掛かりました。
2年後から実施する次の10年間の計画を立てるための基礎情報として、演習林全体の森林の状況を把握するために実施する調査です。


林内の全ての木を調べるわけにいかないので、代表的な小区画(調査区)を取り上げて、その区画内の胸高直径5㎝以上の全ての木について樹種、胸高直径を測り、その中からいくつかをピックアップして樹高を測っていきます。

富士癒しの森研究所では、だいたい80くらいの調査区を設けて調査を実施していきます。
今回は東京からの応援スタッフにも来てもらって、戦力増強したために、思った以上に順調な滑り出しとなりました。
長丁場になりますが、普段あまり行かないようなところの様子を見るいい機会でもあります。

林内では、マメザクラのつぼみがだいぶ膨らんできていました
来週あたりには開花となるかもしれません。

2019年4月4日木曜日

寒さの中の開花

本日の山中湖:最低-8℃、最高13℃、快晴
今年の春の訪れは早いと思いきや、年度が改まった途端に大きく季節が逆戻りです。
4月1日から2日にかけては積雪があり、今朝の冷え込みは真冬並み。
そんななか、日当たりの良いところのアブラチャンの花がほころび始めました。

結局は例年通りの開花の始まりでした。
まだ本格的な開花とはいきませんが、来週は林内のあちこちが黄色く色づくことでしょう。

足元ではむくむくとフキノトウも起きだしました。
この先、コブシ、マメザクラと花のリレーが続いていくことでしょう。

2019年3月26日火曜日

センサーカメラおすすめ画像

亥年なのでイノシシ推しでここまで来ましたが、
どうにも画像が少ない上に変わり映えしないので
今月はあきらめました。

ということでシカです。

ツノが立派でわかりやすいものがあったのでちょっとツノの説明を。

角はオスにだけ生え、1年目は枝分れせずただの棒のような角ですが、
毎年生え変わって年々分岐が増えていき、
写真のように1本の角に先端が4か所あるようになるのが最大です。
その後も毎年生え変わりますが、分岐は増えません。

付け根から前の方に1先端、中央あたりから前にもう1先端、
先端付近で横に分かれて2先端といった感じになっております。

ちなみにこの調査では、シカの角の分岐についても判読できる限り記録しております。
オスジカがわらわらいるような時はつらいです。

2019年3月21日木曜日

実験結果を扱った論文が公刊されました

以前に実験をした結果の一部をまとめた論文がJournal of Forest Research(オンライン)に掲載されました。

英語論文になりますが、論文の題名は「森林管理の有無が生理的回復に与える効果および個人特性の影響」というような内容です。
この論文では、以下のようなことを明らかにしました。
・森林浴によるストレス刺激からの回復は、間伐等を施した場合において、放置されたままの場合に比べてより効果的であったことが、血圧、唾液中のコルチゾール、心拍変動の分析により確かめられました。
・神経症傾向が高かったり、うつ傾向が強いと、放置された場合の森林であっても十分にストレスからの回復効果が認めらる傾向がありました。
こうした結果は、森林浴に活用しようとする森林管理の方針に参考になると思われます。
論文のコピーをご希望の方は、富士癒しの森研究所までご連絡ください。

2019年3月6日水曜日

公開講座「富士癒しの森研究所2018年度研究報告会」

本日の山中湖:最低1℃、最高11℃、曇り
いつになく暖かい冬が過ぎ、いつになく早い春を迎えようとしている山中湖です。
本日は、地域住民の皆さんを対象として「富士癒しの森研究所2018年度研究報告会」を開催しました。20人余りの方にお集まりいただきました。

今年度は、村役場のいきいき健康課さんには特にお世話になり、一緒にアンケート調査をし、今回の報告会も会場の提供をいただきました。
というわけで今回のメインは、村の健康診断の際に実施させていただいたアンケート調査の結果についてです。
750人余りの方にご回答いただいてわかったことは、
・山中湖村在住の皆さんの身の回りに十分に森があり、
・多くの方が、「四季の変化がある」という点で満足されており、
・「散歩する」という形で森に親しまれている方が実に多い
というようなことでした。
これから、このアンケートで浮かび上がってきた森へのニーズに対して、森の側をどのように整備していったらいいのか、といったことに研究の焦点を移していきます。
この先は、実際にニーズを持っていいる地域の皆さんと一緒に考えていくことが意味を持ってきます。来年度、一緒にできることを企画しますので、ぜひお付き合いをお願いします。

今回の研究報告では、このほかに、第4回癒しの森の植生調査隊の調査結果、山中湖のワカサギの歴史、森林散策カウンセリングについても報告しました。
内容についての問い合わせは富士癒しの森研究所までお願いいたします。

2019年2月28日木曜日

東京農大の薪割り研修

本日の山中湖:最低2℃、最高6℃、雨
東京農業大学の有志の学生と先生合計10名が薪割りなどの研修のために訪問されました。
あいにくこの日は雨。午前中は小降りだったので、当初の予定を変更して、集合早々に薪割り体験をしてもらいました。



作事場の中やテントの下など、狭いながらも工夫して、様々な道具を使った薪割りを体験してもらいました。
割る前には原木(丸太)の直径と長さを測ってもらい、薪割りをして積んだ後は、積んだ分の体積を計測してもらいました。


午後は、雨が強く林内での活動は断念。
薪ストーブで温まりながら、講義室の中で演習問題に取り組んでもらいました。

今回は、2班に分かれて、今回割った薪で何回お風呂が沸かせそうか、薪ストーブを主暖房として使うには薪棚スペースとしてどれだけの土地が余分に必要なのか、それはどのくらいの地価に相当するか、といったことを考えてもらいました。
雨天のため薪割りと演習林散策は物足りなかったようですが、薪を利用するというはどういうことか深く理解できたようでした。


2019年2月19日火曜日

センサーカメラおすすめ画像

今月もイノシシ推しで選びました。


 
先月よりも明るいのでわかりやすいです。
 
この後、やや小さいイノシシ3頭が後を追いかけていきます。
 
・・・先月と同じやつら???
 

2019年2月2日土曜日

特別ガイド「冬のさんぽみち」

本日の山中湖:最低-13℃、最高7℃、快晴
東大教職員の皆さんを対象にした特別ガイド「冬のさんぽみち」が開催され、職員とそのご家族16名の方が参加されました。
開催の2日前にようやく積雪があり、当日は風も無い快晴で、本当に天気に恵まれました。
真っ白に雪景色となった林内をゆっくりと歩きました。

雪があると、改めて気づかされるのが、森に暮らす動物の多さです。
今日は特にイノシシの足跡が多かったです。
イノシシは、かかと部分にある蹄が少し高い位置にあるのですが、これだけ雪があると、その後もくっきりわかります。

この朝は、−13℃とこの冬一番の冷え込みで、湖面には薄氷も見られました。
水辺では、水蒸気が凍って付着したフロストフラワーも見ることができました。

木の枝も身近にとって良く観察すると、植物の生き様が見えてきて面白いものです。
みなさん、詳しい職員の解説を聞きながら食い入るように観察しておりました。

お昼には恒例のくるみだれをかけてのお餅を召し上がっていただきました。
今年も大好評でした。

これはコマユミの実。
よくこの時期まで残っていたものです。
青空と雪と赤い実のコントラストがとても綺麗で、思わず写真を撮ってしまいました。



2019年2月1日金曜日

本格的な積雪

本日の山中湖:最低-7℃、最高1℃、快晴
やっと、昨夜、本格的な積雪がありました。13㎝ほど。
木に積もった軽い雪がサラサラと舞い落ちてきて幻想的です。
積雪が多すぎるのは大変ですが、
澄みわたる青空のもとの雪景色は飽きることを知りません。

2019年1月24日木曜日

センサーカメラおすすめ画像

本年1回目となるセンサーカメラおすすめ画像です。
予告通りイノシシです。
でも夜なので暗いですね…。

暗くてわかりにくいですが、後ろに子供がついて来ています。
動画だとその後もゾロゾロと、計5頭の子供の行進になっています。

ただもうウリ坊という感じではなくて小型のイノシシといった感じなので、
かわいさはあまり感じられません。

今後もなるべくイノシシ推しでいきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

2019年1月18日金曜日

高所作業車研修

昨日から本日にかけての2日間、また当所の技術職員が田無演習林にお邪魔して、
今度は高所作業車を使用した危険枝処理技術の研修をしていただきました。
田無の皆様、たびたびお忙しい中ありがとうございました。

田無では毎年計画的に高所作業車での危険枝処理を実施しているそうです。
高所作業車はレンタカーで、1日5万円ほどとのことです。
扱うには技能講習の受講などが必要になりますが、
外注での処理に比べればかなりコストを抑えられます。


スローラインの時のようにロープで引っ張っただけでは落とせない危険枝も、
鋸やチェンソーで切断して処理することができます。


いつもと違った景色を見られることも醍醐味です。

前回、今回と田無の皆様に教えていただきました技術を用いて、
当所の林内をより安全に管理できるように検討したいと思います。





2019年1月15日火曜日

全学体験ゼミ「森のエネルギーを使いこなす」2018

13日の山中湖:最低−5℃、最高5℃、晴れ
14日の山中湖:最低−9℃、最高4℃、快晴
15日の山中湖:最低−9℃、最高6℃、小雪のち晴れ

12日から13日かけて心配されていた雪もうっすら雪化粧程度でおさまりました。
この3日間、今年度最後の学生実習となる全学体験ゼミ「森のエネルギーを使いこなす」の現地講義が行われました。
今回の受講生は4名とやや少ないですが、その分、とても濃密な時間が過ごせました。

11日に田無演習林でやった薪割り経験を活かして、薪割りをし、実体積と薪を割って積んだ時の体積(層積体積)がどう変わるのかを検証しました。
そうしたところ、1:1.35の割合で増加したことがわかりました。これがのちの見学で生きることになりました。

薪ストーブを使っているお宿にお邪魔して、ストーブを使っているところを見せていただいたり、薪をどのように調達しているかなどについて、お話をお聞かせいただきました。
薪ストーブはお客さん、特に男性のお客さんにも大人気なのだそうです。
暖かい薪ストーブ料理もいただき、学生は薪ストーブの魅力に感動していました。

2日目は炭焼きに挑戦しました。
1人をのぞいて火を焚きつける経験はないということで、初めての火つけを体験してもらいました。マッチ4本目でなんとかしっかり着火させることができました。大きく育っていく焚き口の火に興味深そうに見入っていました。

2日目午後は、隣村まで足を伸ばして薪を温泉施設のお湯の加熱に利用する仕組みについて見学に行きました。木の駅という施設で、村内で発生する間伐材や支障木を受け入れて、それを薪に加工して、温泉施設で利用しています。その薪の取引は、赤く塗られた金属のラックで行われるということで、それに詰めると1立方メートルの単位で販売したことになるのだそうです。ラックは、ちょうど学生が検証したのと同じくらい3割大きく設計されていて、実体積1立方メートルに相当するような工夫がされていました。

2日の夜に炭焼きの煙はすっかり透明に、排気の温度も300度近くになっており、炭化が完了したと判断して、窯どめをしました。翌朝、窯が冷めたのを確認して、窯出しをしました。少し燃焼が進みすぎた感じはありましたが、今回の収炭率は17%ちょっとということで、まずまずの結果でした。完全に炭化した良い炭が焼けたように思います。
 
最後はみんなで薪や炭を使った料理に取り組みました。
2日前の夜から生地を仕込んでいた天然酵母の薪窯パン、ペレットグリルでのグリルチキン、焚き火でのカボチャの丸ごと蒸し焼き、鹿肉のキーマカレー、薪窯ピザを作りました。少人数だったので、なかなか忙しい調理実習となりましたが、どれも出来栄えがよく、大満足の昼食会となりました。
学生からは、都会ではできない貴重な体験ができた、普通の授業にはない学び方ができた、などといった感想が聞かれました。